« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月12日 (水)

天河神社奉納ライブ&ワークショップ 延期日決定のお知らせ

昨年10月末に予定しておりましたチュラマナの「天河神社奉納イベント」の新スケジュールが決定いたしましたので、お知らせ致します。昨年お申し込みしていた方々には大変ご迷惑をおかけしました。改めてお詫び申し上げます。前回の紅葉の季節から桜の開花の時期に変更となりました。みなさま、ぜひよろしくお願い致します。

『五感が紡ぐ神秘の舞い、 大地にこだまする魂のうた』
大自然が育んできたメッセージを独自の音景色で表現しつづける歌と踊りのユニット“チュラマナ”が、音たまりの第一人者、岩田茉莉江先生のワークショップを通して参加者の皆様と奉納演奏します。

▼特設サイトオープンしました。

http://www.aten.co.jp/tenkawa/

●日時:2011年4月9日(土)〜10日(日)1泊2日 
     4/9(土) : 14:00~19:40 (ワークショップ・奉納ライブ・宮司講演・正式参拝)
     4/10(日) : 06:30~07:00 (朝拝・宿泊者のみ)
●場所天河大辨財天社(奈良県吉野郡天川村坪内107)http://www.tenkawa-jinja.or.jp/
●参加費 
  ① ¥26,250(税込)奉納イベント&ワークショップ参加費・宿泊費(1泊2食付き)・正式参拝料
  ② ¥15,750(税込)奉納イベント&ワークショップ参加費・正式参拝料
●人数:50名(先着順)
●奉納イベント&音たまりワークショップ内容
・ 天河音たまりワークショップ/世界遺産大峯奥駆道のふもと *岩田茉莉江先生
・ 天河神社禰宜講演/参集殿  *柿坂禰宜
・ チュラマナご奉納演奏/境内能舞台 *チュラマナ
・ 参加者ご奉納演奏/境内 *参加者&チュラマナ
・ 朝拝/境内(宿泊者のみ)

【お申込み・お問い合わせ先】

記入内容
① 宿泊込み
② 奉納イベント&ワークショップ、正式参拝参加のみ
※①か②どちらがご希望か必ずご記入ください。
※複数参加の場合は全員のお名前と人数を必ずご記入ください。
※参加者のお名前(ふりがな)、住所、連絡先をご記入の上、FAXもしくはE-mailにて
下記までお送りください。

有)アトン・ミュージック |  http://www.aten.co.jp/
TEL:03-3713-3601 ※平日のみ(12:00~19:00)
FAX:03-5725-1587
E-mail:info@aten.co.jp

※ 受講のお取消しは開催日の二日前17:00までにご連絡ください。ただし、宿泊に関しては 一週間を切りますとキャンセル料が発生します。

【お支払方法】
上記の内容をFaxもしくはE-mailにて受領後、折り返し「参加票」と「お振込案内」を
FaxもしくはE-mailにてお送りいたします。

※当日は「参加票」を印刷してお持ちください。 (印刷が出来ない方は申込の際にご一報ください。郵送させて頂きます。)また開催日の1週間前までにお手元に届かない場合、お手数おかけ致しますが、ご連絡いただきますようお願いします。

※参加者の個人情報は厳正に管理し、第三者への情報提供はいたしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

明けましておめでとうございます。

101228_204452_2

皆様、明けましておめでとうございます♪

昨年同様ブログの更新にはムラがあるかと思いますが(笑)本年もお付き合いいただければ幸いです。


良いツーショット写真が見当たらなかったので、忘年会の写真を載せてみましたconfident

奥に写っているのは、エンジニアの赤川さん。



101228_205613


この写真には、楽曲アレンジをしてくれたスタッフや、ジャケットデザインをしてくれたスタッフ、エンジニア、strip Inc.の石井社長など、いつもいつもお世話になっているみんなが写っていますlovely


真ん中でピースしてるのは、シンガーソングライターの鈴木あいちゃん、よろしくねnote


カメラマンの後ろにもエンジニア&スタッフが数名。喪中で欠席だったatenのT岡さんも写っていませんが、たくさんの仲間に囲まれて、チュラマナはやはり幸せなのです。。


応援してくださる皆さまへの感謝はもちろんのこと、この恵まれた環境への感謝も忘れることなく本年も活動していきたいと思いますので、変わらぬ応援よろしくお願いいたしますhappy01


それでは
みなさまにとりまして、幸多き一年となりますように。


チュラマナgemini(上原まき&宮良牧子)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »